中古住宅購入の際に注意すること

近年、中古住宅を購入してリノベーションするという方法が流行しつつあります。このやり方は、新築住宅を建てるよりも安価でできるということ、そして人気のエリアに住める可能性が高まるという点がメリットとして挙げられます。 新築を建てるとなると土地から探すことになるので、なかなか出てこなかったりするのですが、中古住宅だと比較的数があるものです。これがあまりにもボロボロだと一度取り壊して立て直すことが必要になるかもしれませんが、大抵の場合リノベーションで綺麗にすることができます。ただ、気を付けるべきこともいくつかありますね。まずは、その中古住宅がどのような理由で手放されたのかということです。築浅だとローンが払いきれずに任意売却した可能性が高く、あまり気持ちのいいものではありませんよね。しかし近所の目が気になるなど精神的な面ではデメリットがあるかもしれませんが、実質的にはそうデメリットもないでしょう。そうではなくて手放した場合は、近所に厄介な人が住んでいるとか、何か住みづらい理由があるのかもしれません。このあたりはしばらく周辺をリサーチする必要がありそうです。事故や人が無くなった場合などは不動産業者が告知する必要があるので、とりあえず最初に聞いてみることが大事です。

3018 6/4

Copyright ©All rights reserved.中古住宅購入の際に注意すること.